2016年9月26日月曜日

ウラ模試_アクセスできる

要求室の表に、
という特記事項があります。
ここだけ取り上げると
セキュリティとか???となりますが・・・

要求室の表の冒頭の
と、主文
の記載とから、
子ども・子育てイベント開催時の[地域住民≒子育て支援者]の動線確保と考えれば、留意事項
に悩むことも無さそう。

『この◯◯できる計画とする』という設計条件は、手を替え品を替え出題される定番条件なのですが、
H15:・情報センター部門へは、幼児が室内履きでアクセスできる計画とする。
H16:・外部からも直接アプローチできる /・外部から直接アプローチできるようにする。
H18:・共用部門のエントランスホールにもアクセスできるようにする。
H19:・噴水広場へ直接行き来できる /・屋上庭園が観賞できるようにする。
H20:・屋内プールへ直接行き来できるようにする。

といった単純な動線指定のための条件だったものが、ここ数年

H24:・貸出手続き前の書籍を閲覧できるようにする。
H25:・地域住民との交流の場となるように発表会、・・等ができる計画とする。
H26:・地域住民も利用できる温浴施設 /親水公園や・・・ する者も利用することができるものとする。
H27:居住者も利用できるデイサービス機能 / 地域住民も利用できるレストラン等を設け、地域住民と居住者とが交流できるようにする。

というように、どのような“空間構成”にするのかを、解く側に決めさせる設計条件になってきています。上手な解き方を考えてもいいと思いますが、「試験」解答と割切ってラクにまとめるというやり方もあると思います。(≠いちゃもん)

2016年9月25日日曜日

ウラ模試_交流の場

ウラ模試が公開されていました。解いてみて、ん?と思ったことなど・・・
いらんお世話ですが、
無許可ですm(_ _)m
という話もあるようですし。

お題通りの出題なのですが(アタリマエか^^;)、主文には
という記載が。
慣例ということでもないのですが、
偶数年は、
H22:地域住民の美術活動の発表の場となる展示スペースを設けるものとする。また、・・・
  地域住民の趣味の活動の場として、アトリエ及び屋外創作広場を設けるものとする。
H24:・・・地域住民の学習や交流の場となるように計画する。
H26:・・・地域住民の交流の場となるように、・・を設けるものとする。
H28:???
という出題傾向のようです。

要求室の特記事項には、
とありますが、主文の記載からして、ここでは[地域住民≒地域の子育て支援者]という解釈でいいはず。思いつきのイメージですが
というところでそうは違わないと思います・・・本当ですか???

類似の出題ではH25:大学のセミナーハウスがあります。
主文には、
とあり、要求室の特記事項やその他の施設等は、
となっていて、ウラ模試のパクリ(ん?逆か^^;;;)なんですがぁ〜、こちらは奇数年なので不特定多数の地域住民です。
ウラ模試の「地域住民」を、H25課題のような不特定多数の地域住民のように考えると、課題のハードルが上がる気がします。

2016年9月19日月曜日

天井高

以前見学に行った類似施設(通称:子どもリンゴット→http://ameblo.jp/wo-maw/entry-11478520621.htmlは天井高は低いところが基準法の最低寸法でしたが、子ども目線であればそれほど支障は無さげ。
子ども椅座位
子ども立位
オトナ目線
階高4mにこだわらなければ、
も、標準解答例より小さくできそう。
(「試験」解答で頑張ることでもないとは思いますが・・・)

【追記】
幼児用便所の写真もありましたが、

フラッシュバルブを操作できるのだろうか??
と思って、衛生機器メーカーのカタログを見たら、こんなん
がありました。
ナルホド(出ません)

2016年9月12日月曜日

サービス用EV_05

過去問では、管理部門の指定のない施設(共用部門のみとか)も出題されています。
複合施設の
H15:「保育所のある複合施設」
H18:市街地に建つ診療所等のある集合住宅
H20:ビジネスホテルとフィットネスクラブからなる複合施設
H27:市街地に建つデイサービス付き高齢者向け集合住宅
(H14以前は調べてません)になりますが、必要な場合は、各部門内に管理ゾーンが設けられるということだと思います。
サービス用のエレベーターの要求があるのは
H15:情報センター部門に設ける
H18:要求無し(*診療所部門は1階指定)
H20:ホテル部門のサービス用
なのですが、それぞれ要求している部門内に設ける案となっています。
と考えると、昨年の課題文条件
H27:住宅部門とデイサービス部門のそれぞれに1基以上適切に設ける
からは、サービス用エレベーターはデイサービス部門に設け
寝台用ではないな・・・
ているということか。

ここでエレベーターの設計条件を見直してみると
H15:来館者用(乗用)、サービス用(乗用)
H16:利用者用(乗用)、サービス用(乗用)
H17:乗用
H18:居住者用(乗用)
H19:適切に設ける
H20:エントランスホール(1〜2階)
     ホテル部門:宿泊者用(2〜7階)、サービス用(1〜7階)
     フィットネスクラブ部門(1〜2階)
H21〜:適切に設ける
となっています。H17(コミュニティ施設)とH20(ホテル部門を除く)では、利用者用/サービス用という用途が指定されていません。フツーに考えて、利用者も管理者も仲良く使用するということなのだと思います。

とすると、
似たもん同士?の図書室のある施設
H15:「保育所のある複合施設」
H19:子育て支援施設のあるコミュニティセンター
のサービス用エレベーターの扱いの違いは・・・

H15の図書室のある施設は「情報センター」なのですが、目的は
地域住民への各種情報サービスの提供等です。
一方H19の施設はコミュニティセンターですが、図書室のある「文化・教養活動部門」は、地域住民を対象としたサークル活動等の交流の場の提供を目的としています。
よーく見れば、
「情報センター部門」・・・サービスの提供
「文化・教養活動部門」・・場の提供
と記載されているので、過去問オタク(課題文予言者含む)の方だったら、
「情報センター部門」・・・サービスの提供:施設運営者→地域住民に提供
「文化・教養活動部門」・・場の提供:来館者同士の交流
とサービスというか情報の流れ(ベクトル)に少ーし違いがあることに気付くのかも。

サービス用エレベーターが
H15の設計条件では要求されていたけれど
H19の標準解答例では2案とも設けられていない

ことに関係するのかもしれません。

2016年9月11日日曜日

逆転に次ぐ逆転

逆転(後半17分)
逆転、逆転 (後半39分)
逆転、逆転、逆転(後半37分)
逆転、逆転、逆転、逆転(後半44分)
まだ4試合、全試合は見きれないな・・・

2016年9月10日土曜日

サービス用EV_04

一方、試験元的にサービス用エレベータをフツー設けるだろーと考えていそうな施設は、
H15:「保育所のある複合施設→情報センター
H16:宿泊機能のある「ものつくり」体験施設
H20:ビジネスホテルとフィットネスクラブからなる複合施設
H22:小都市にある美術館
H23:介護老人保健施設
H24:地域図書館
H25:大学のセミナーハウス*(無くても可)
H26:温浴施設のある「道の駅」
H27:市街地に建つデイサービス付き高齢者向け集合住宅
などのようです。

まず目につくのが
H22のビジツ館、この課題だけ「管理部門」(≠共用・管理部門)という部門要求がされていて、留意事項で、搬入経路が交差しないよう計画することを求められています。
しかも要求室は、
*展示部門は、全て2階に計画する。
搬入・荷解き室:・トラックの駐車スペースを設ける。
誰がどう考えても
搬入・荷解き室(1階)→展示スペース(2階)という動線上に(搬入用)エレベーターの計画をすると思います。
同じように考えらるのが、H24の図書館やH26の「道の駅」。
H24では、
図書館部門の閉架書庫:・設置階は、地下一階とする。
・設置階が明示されているもの以外は、1階又は2階に計画する。
という設計条件なので、地上階のサービスカウンター(図書館部門)や作業室(共用・管理部門)との行き来に(サービス用)エレベーターは必要設備なのだと思います。

H26も、従来「共用・管理部門」として要求されていた飲食施設(レストランやカフェ)が、「店舗・料飲部門」として要求され、
サービス用駐車場→厨房という動線上に(サービス用)エレベーターが計画されています。
*また、沖縄試験ではフードコート厨房が飲食施設の付属(厨房を設ける、という条件)ではなく、独立した要求室とされていました。

次に、H23とH27で出題のあった福祉施設ですが、H23(5階建て)はいいとして<ぉぃ、H27(施設部分は2階建て)でも(小荷物専用昇降機とは別に)サービス用エレベーターが設けられています。
イメージ的に似ているのがH16の宿泊部門やH20のホテル部門(+H25の宿泊部門)。
交換した使用済みリネン類や汚物・ゴミ等はオモテ(フロント)を通らないウラ動線を確保ということなんだと思います。

どうやら、試験元的に、設けるべき(設けたほうがいい)と考えているであろう施設と、設けなくてもいいんじゃね?と考えてるっぽい施設とがあるように思えます。
(合否に直接影響するような採点のポイントなのかどうかはわかりませんが・・)

2016年9月8日木曜日

サービス用EV_03

標準解答例13年分(27案)をサービス用EVでザックリまとめるとこんな感じ
分類としては、
・設計条件として設けるように要求しているもの・・H15、H16、H20
 *H15、H20は設ける部門の指定有り
・適切に設けるという条件で設けているもの・・・・H22、H23、H24、H25、H26、H27
 *H27は設けた部門の限定有り

・設計条件として設けることを求めていないもの・・H17、H18、
・適切に設けるという条件で設けていないもの・・・H19、H21、H25*、

となりそうです。フツーというか、試験元が設ける必要はないと考えていそうな施設は、
H15:保育所のある複合施設」
H17:防災学習のできるコミュニティ施設
H18:市街地に建つ診療所等のある集合住宅
H19:子育て支援施設のあるコミュニティセンター
H20:ビジネスホテルとフィットネスクラブからなる複合施設
H21:貸事務所ビル
H25:大学のセミナーハウス*(あっても可)
H27:市街地にあるデイサービス付き高齢者向け集合住宅
などのようです。
今回のお題は・・・???
リスクありきの決断とかしなくても合格できると思いますが(≠いちゃもん)、フツーに考えて必要なさそうなものを計画することは求められていなさそう。

とはいえ、先日小池都知事が視察していた保育園のような実例
敷地は近隣商業/防火地域(建ぺい80%、容積300%)の角地
もありますし、集合住宅やオフィス(貸事務所ビル)でも規模の大きなものになればサービス用EVを設けています。
あくまで「試験」は「与えられた内容及び条件を充たす建築物を計画し、」というもの。まあ、そのような設計条件の出題はないと思いますが。